HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>子育て日記

えほん

くまのこうちょうせんせいくまのこうちょうせんせい
(2006/03/22)
こんのひとみ

商品詳細を見る


まだ先生に挨拶ができない長女に共通点を感じて借りたえほん。
あとがきにジーンときました。
この本は本当のことを元に書かれたお話です。
大瀬先生が病気になってはじめてわかったことは、「子どもは明るく元気がいちばんと、大人はおもいこんでしまいます。でも本当は、子どもはちいさくてよわいものなんです。子どもたちのいたみをわかちあうのが、大人の役目だとおもいます。」といっていたそうです。

私はどうして長女は幼稚園でしゃべれないんだろう、他の子と比べてもっと騒いだりはしゃいだり、子どもらしくないんだろうと思っていました。
そんな風に思うのが間違っていたんだな。
小さくてよわくてでも一人で幼稚園で頑張っている長女を守ってやれるのは私なのに。
幼稚園でいやなことをされても、先生には言えず、私にもなかなか言えない、そんないたみを私は分かち合ってあげていたのだろうか。

実際の体験から生まれた言葉は胸に残る言葉でした。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://whitehaven4.blog123.fc2.com/tb.php/94-9bbd1e90

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。